2016年05月01日

更新メモ160501

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016蛇足編 中吉+」を更新しました。

今回の掌編は企画SSの再掲載ではなく、書下ろしとなります。
「おみくじ2016 中吉」のほぼ直後、舞台を移しての出来事。
競技場から戻ったニトロを待ち受けていたものとは……? というお話。
GWのお楽しみに、暇潰しに、とかくお楽しみいただければ幸いに存じます。


さて、そのGW。
町を歩くと人が多いんだか少ないんだか分からなくなります。ひとまず集合店舗は多いですね。でも住宅街がひっそりと。そんなに旅行に出ている人が多いのか、それとも家でのんびりすごしているのか。
そしてこの時期は気温も上がってくるわけですが、風はまだ冷たかったりして服の選択に本当に困ります。そのわりに日差しは強くて目に眩しい。紫外線にも注意です。
何にしても行楽日和も多そうで、皆様はいかがお過ごしになりますでしょうか。
帰るまでが遠足ですとは良く言ったもの。
お出かけになられる方は道中くれぐれもお気をつけを。
ご自宅等でゆっくりされる方は、重々英気をご回復ください。
posted by 楽遊 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年04月24日

更新メモ160424

『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016 大凶・大吉」を再掲載しました。
例によって改稿してありますが、内容には変更ありません。
これにて今年のおみくじSSを全て掲載し終えましたが、改稿中にちょっと補足といいますか、話が膨らんだ部分がありましたので、来週か再来週からいくつかおまけ的な掌編を掲載します。
後日譚というほど時間は経っていない、おみくじSSのその後のお話。
お楽しみいただけるよう現在鋭意執筆・推敲中です。


それにしても九州中部の大地震、さらに大きなものがまだくるとは思ってもいませんでした。
遠く離れてもそうですし、専門家ですら驚くものです、当地の方々は本当に恐ろしかったことと存じます。
これまでは混乱した情報やネガティブな情報ばかりでしたが、復旧に関する話もちらほら出てきてその点は安堵するばかり。
しかしこれからがまた大変でしょう。
自分に何ができるかは解りませんが、微力ながら何らかの助けができればと考えています。
posted by 楽遊 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年04月17日

更新メモ160417

『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016 後吉・後凶」を再掲載しました。
例によって改稿してありますが、内容に変更はありません。
より読みやすく、また面白く読めるようになっていれば幸いです。


熊本を中心とした大地震、こちらをご覧になっている方はご無事でしたでしょうか。また、ご友人や親類縁者の方々にもお怪我などなければと存じます。
地震は震源の位置が動き、広範囲にわたっての被害。
さらに大雨の予報と本当に心配です。
自分も田舎が九州北部にあり、親戚は皆無事とのことでしたが、やはり身につまされます。
事態が一刻も早く終息し、これ以上の災害が起こらぬよう祈っています。
不安な時をお過ごしになられている方もいらっしゃるでしょうが、どうぞ安全を確保した後には可能な限りお心を楽にお過ごしになれますことも、合わせて心よりお祈り申し上げます。
posted by 楽遊 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年04月10日

更新メモ160410

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016 中凶・末吉」を掲載しました。
目次の順番が新旧で前後しているところがありますが、新掲載の黄色い背景色を目印にご覧下さいませ。
お楽しみいただければ、幸いです。


それにしても暖かくなってまいりました。
朝晩日中で寒暖差が激しい季節でもありますから、服装には迷いますね。
スギ花粉がそろそろ落ち着きだしてきているのがせめてもの救いです。
posted by 楽遊 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年04月03日

更新メモ160403

『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016 中吉・小吉」を掲載しました。

今回のおみくじの再掲載にあたっては、改稿を行うと共に、リンクを本編の時系列に沿って並べることに致しました。
大吉や大凶などの性質は「おみくじ機能」付きでこそ意味のあったものかなと思い、また、おそらくこちらの方が色々把握しやすいだろうなと思いまして。
こうなると番外編の全ても時系列順に並べたものを用意した方がいいのかなとも考えるわけですが、うーん。


それにしても天候不順といいますか、折角桜が咲いても曇天雨天が繰り返されると何だか損した気分になるものです。
今年はちょっと早めに夜桜見物with日本酒でやってきたわけですが、五分咲き程度でも地表に近い枝はほぼ満開で、香りもほのかに漂い、良い時間を過ごせました。
早くも来年が楽しみです。
posted by 楽遊 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年03月27日

更新メモ160327

『ニトロの悲劇 番外編』に「おみくじ2016 吉・凶」を再掲載しました。

今回の再掲載にあたって改めて誤字脱字チェックをしていたところ、気がついたら加筆修正を改稿レベルで行っていました。
いやー、時間を置いてみるとどうにも書き直したくなるものですね(汗
とはいえ内容には変更のないようにしています。
残りのおみくじ短篇も、チェックが済み次第順次更新していく予定です。
未読の方も、既読の方もまたお楽しみいただければ幸いに存じます。


それにしても、寒の戻り。
冬ほどの寒さはないにしても朝晩はやっぱり冷えるので、冬用の上着のしまい時が難しいですね。
桜はそれでもぽつぽつと花開き続けていますが、花見をするにまだ適温ではなさそうです。
皆様、お風邪など召しませんようお気をつけ下さい。
posted by 楽遊 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年02月28日

更新メモ160228

『ニトロの悲劇 番外編』に「コケオドシ」を掲載しました。

これにて昨年末に掲示板にて掲載していました短篇・掌編は加筆修正を終え、全て本掲載となりました。
掲示板版はしばらく後に跡地だけ残して削除しようと思います。
なにはともあれ、よりお楽しみいただけるようになっていれば幸いです。


それにしてもインフルエンザに罹るとは思ってみなかった先々週。
しかもよく聞くA型ではなくB型とはさらに思ってもみませんでした。
熱が八度に届かないからインフルじゃないだろー、でも何か筋肉が痛むし神経もピリピリするのが普通の風邪じゃないようなきもするなぁ、と思って病院で検査したら大当たり。
いやー、待合室から呼び出されて軽く隔離されるのは貴重な経験になりました。ええ、もう貴重な経験になりましたとも。

こういう病気は本当に厄介です。
やっぱり健康第一。
それを実感したらすぐに花粉症の本格シーズン到来です。
……うん、やっぱり、健康が一番です(涙)
posted by 楽遊 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年02月07日

更新メモ0207

『ニトロの悲劇 番外編』に「望遠の記憶」を掲載しました。

段々寒さも厳しさ緩和してきたかなぁと思っていたら、梅が咲いていました。
白梅。
梅は咲き始めが“をかし”です。
でも梅が咲いたとなるとスギ花粉の気配です。“わろし”です。
今年はどんなものでしょうか。
冬の寒さと同じく例年より、去年より緩和してくれるとありがたいのですが。

まあ、花粉症にいたぶられつつも、こつこつ進めていきます。
進めていくのです。
posted by 楽遊 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年01月31日

更新メモ160131

『ニトロの悲劇 番外編』に「ランチと共に、思い出を」を掲載しました。
掲示板版から加筆・修正したものになります。
改めてお楽しみいただけたら幸いに存じます。


さて、明日の2/1にて当サイトも11年目。
格別何周年ということはしていませんが、来年には干支の一巡りと思えばそれなりに長くやっているなあと思います。
そして長くやっていてもまだまだ精進しないとと思わされ、また思い知らされることは全く減らず、それどころか増える一方。
いやもう、本当に一つ一つ踏んでいかないと前に進めませんね。
そんなことを思いつつ――
今後とも、皆様どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m
posted by 楽遊 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年01月24日

更新メモ0124

『ニトロの悲劇 番外編』に「紙一重」を掲載しました。
前回に引き続き、掲示板版から加筆修正した短編になります。
掲示板の方は量も多いし読みにくいところもありますので、いずれ削除しようと思っています。


それにしても寒いですね。
西日本は記録的な寒波という話。
なんと言いますか、一つの季節の中で細分化が行われているかの調子。
四季どころか八季にもなりそうな感じで奇妙な感じです。
奇妙な時にはいつもと違うリズムに体調も崩しやすいもの。
インフルエンザ等感染症の流行も取りざたされていますので、皆様どうぞお気をつけ下さい。
その中で、拍手を頂いた時には心温かく、つれて体も温かく、ありがたい暖を頂いています。本当に、感謝です(^^)
posted by 楽遊 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営