2016年11月06日

更新メモ161106

『ニトロの悲劇 番外編』に「晩秋、オペラの下で」を掲載しました。

今回のお話は第二部の前、「番外編 夜の美術館にて」の数日後になります。
短めのバカ話。
秋の夜長にのんびりとお楽しみいただければ幸いです。


それにしてもですね、寒くなりまして、ちょっと喉が痛いなーと思ってたら急にくしゃみと鼻水に襲われまして。それがどうも水っ洟。すわ、秋の花粉症にでもなってしまったか!? と思ったら続いて発熱しまして、ああ、こりゃ風邪だわ……と。
時期的にインフルエンザが流行し出す頃合ですから、念のため病院で検査してもらったところ、普通の風邪と確定したのは良かったのですが、何と言いましょうか、色々頭の中が悪い意味でリセットされるのは嫌なものです。
体調もまだ完全ではないですし。
色々取り戻して参りましょー、くそー。
posted by 楽遊 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年10月23日

更新メモ161023

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「理由」を掲載しました。


今回のお話は前半が『第三部』の前、以降が『第三部』の後と、飛び石的に長期間に渡るエピソード。
内容としては「番外編 夏みかんとカーボン」の中でほんのちょっとだけ触れたことの理由を中心に、本編でのオリジナルA.I.との関係にも関わる話になります。
その意味で、番外編ではありますが、本編に深みを増してくれる形になればと思っています。お読み頂き、そしてお楽しみいただければ幸いです。




それにしても。
夕食に久しぶりに辛いものを食べたらお腹が痛くなりまして、更新作業前に参りました。いやー、胃腸がビックリしちゃったんでしょうね、すぐに治まってはくれましたが、お陰で更新するのが遅れてしまいました。
気をつけないといけませんねー orz
posted by 楽遊 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年10月09日

更新メモ161009

『ニトロの悲劇 番外編』に「一つ言葉」を更新しました。


今回のお話、書き上げたのは8月だったのですが、その後に体調を崩してそのままとなっていたもの。夏バテが長引いて、推敲が遅れて掲載がこの時期になってしまいました。
内容としては本当に“番外編”といった感じになっていますが、秋の夜長には合うかな? と勝手に思っています(笑)
本編再開に向けてのステップという意味合いも裏にはあるのですが、もちろんお読みいただく際にはそれは無関係。
一つの小品としてお楽しみいただければ幸いに存じます。




……それにしても腰痛再発には参ったなあ。
posted by 楽遊 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年08月21日

更新メモ160821

『ニトロの悲劇 番外編』に「箱とオレンジ 後編」を掲載しました。


今回のお話はこれにてお仕舞い。
このお話の翌日、ニトロと芍薬は『第四部(おまけ)第三篇+』に向かいます。
「彼」との関係もここがまた一つの起点でもあり、そういった背景も含めてお楽しみいただければ何よりの幸いに存じます(^^)

それにしても今回。
短篇の長さとしてはちょうど良かったようにも思いますが、編集点の位置が難しくて、全体を眺めると中途半端な切り方をしたかなあという反省もあります。一回で全部アップした方が良かったかなあとも思いつつ、しかしそれだとちょっと長い。ここら辺の塩梅は、いつまで経っても悩みどころです。


さて、夏も晩に向かっているようで、夜風は段々秋めいてまいりました。
とはいえ台風シーズンもあり、まだまだ雨の季節でもあります。
今のところ、二度もゲリラ豪雨に遭ってしまいましたが、雨に打たれると後の冷えからも体力を奪われるもの。
夏バテの出てくる時期でもありますので、皆様、気候的なものに気をつけつつ、何よりもお体をお大事になさってくださいませ。
posted by 楽遊 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年07月31日

更新メモ160731

『ニトロの悲劇 番外編』に「黄色い嘴 後編」を掲載しました。


先週掲載しました番外編「黄色い嘴」の後編、引き続き仮想空間のトレーニングを話題の主軸としつつ、ニトロとハラキリのやり取りで進む小話となります。
お楽しみいただければ幸いです(^^)


関東・東北、ようやく梅雨が明けまして、気温も湿度も高い日々が始まりました。
茹ります。
夏バテしないように気をつけないといけませんねー。
でも、やっと夏という感じでもあります。
夜に公園脇の道を通りかかると、羽化したばかりのセミが薄緑色の体を乾かしていました。
posted by 楽遊 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年07月24日

更新メモ160724

『ニトロの悲劇 番外編』に「黄色い嘴 前編」を掲載しました。


今回のお話は、本編第二部『幕間1』の後。そして前回掲載しました「夏みかんとカーボン」からおよそ一年前(正確には11ヶ月前)のお話となります。
まだニトロとハラキリの距離感が微妙に定まっていないころのちょっとした出来事。
内容的には一気に掲載した方が良かったような気もしますが、分量的に前・後編で二週に渡ってお届けいたします。
お楽しみいただければ幸いです(^^)

地域によっては急に気温の下がったり、一方で蒸し暑さが強烈だったりと日本列島おかしな天候となっておりますが、皆様お体にはくれぐれもご注意ください。
posted by 楽遊 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年07月10日

更新メモ160710

『ニトロの悲劇 番外編』に「夏みかんとカーボン 70日後」を掲載しました。


前回で完結したつもりであった短篇「夏みかんとカーボン」ですが、その後ふとエピローグ的なものが出てきたので書いてみたところ、後日談ながらも半ば独立した小話と相成りまして、今回、そちらを掲載いたしました。
「夏みかんとカーボン」本編から季節は進んで、時期は夏休み直前。となると必然的に第四部の直前となります。正確には第四部1の『;ニトロ』と『;前夜』の間。大事件の本格始動の前の静かな一幕です。
その背景も含めてお楽しみいただければ幸いに存じます。


それにしても暑くなりました。
せめて湿度が低ければ過ごしやすいのですが、空は雲ってじめついています。きっついです。
皆様、熱中症には重々お気をつけ下さい。
posted by 楽遊 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年06月26日

更新メモ160626

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「夏みかんとカーボン 後編」を掲載しました。


蒸しますねー。暑い。

さて、先々週から更新してきました番外編「夏みかんとカーボン」も今回で一区切り。
色々と書き方も試していたりするのですが、とかく皆様にお楽しみいただけていれば何よりのことです。
今後の更新予定は、ちょっと形になりそうな番外編が既にありますので、それがうまくいけば近々に。
色々書き進めて参ります。



それにしても梅雨に雨の日の話と思っていたら空梅雨で、空梅雨だと思っていたら豪雨による災害の発生。
いやな天気も続きます。
夏は猛暑との予報ですが、ちゃんと対策を立てていかないといけないのでしょうね。塩分とか冷房とか。野外活動も注意です。
posted by 楽遊 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年06月19日

更新メモ160619

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「夏みかんとカーボン 中編」を更新しました。


先週に引き続き番外編の更新となりまして、今回は三節のうちの真ん中。大体前編と同じくらいのページ数となります。後編はちょっと長めですが、それでもバランス的にはちょうど良い感じかなと。
毎度毎度、更新する際のページ数、そして構成上の切りどころには迷うものなのですが、ページ数で考えればちょうど良くても構成上では中途半端、ということもままあることなので難しいです。
一気に読んだ方がいい場合もあれば、間を置いてもいい場合もありますから。しかしあんまり多いと色々大変。
いや、悩ましいところです。


それにしても急にこの暑さはなんでしょうか。
真夏日は真夏にやってきて欲しいものです。
梅雨前線さんには空梅雨といわず、もうちょい恵みの雨をお願いしたいところです。
そして空梅雨のお詫びとばかりに後になって集中豪雨を繰り出されても困りますので、いい塩梅で、どうか。
posted by 楽遊 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年06月12日

更新メモ160612

『ニトロの悲劇 番外編』に「夏みかんとカーボン 前編」を掲載しました。


色々情報整理中にネタが出たら、と考えていたら、こういう時は何でしょうか、ポロリとネタがこぼれ出るものなのですね。形になるかなと書いてみたらしっかり形となってくれましたので、新しい番外編、今週から三回に分けて掲載してまいります。
構成的には一回で上げてしまった方がいいような気もするのですが、そうすると一回にしては長くなりますし、節もちょうど三つに分かれていましたので、今回はのんびり更新していくということでよろしくお願いいたします。
梅雨空が広がってまいりましたこの頃。雨のお供に、あるいは何らかお手すきの時間にでも、拙作が一幅の楽しみとなれば幸いに存じます。
posted by 楽遊 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営