2016年01月01日

謹賀新年2016

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中は『ニトロの悲劇』の連載を再開することができず、まことに汗顔の至り。
本年こそは本編の新作をお待ちいただいている皆様にお届けできるよう努める所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。


そして今年も恒例の『ニトロの悲劇 おみくじ』を更新いたしました。
全10種類。いずれもSS付きです。
新年のお供にお楽しみいただければ幸いです(^^)
posted by 楽遊 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年07月19日

更新メモ150719

『拍手返信』更新しました。
『ニトロの悲劇 番外編』に「ある日の芍薬 後編」を掲載しました。


最終的に分量を見たら短編どころか中編くらいあったな……と思いつつ、切りどころの問題でまたも長くなってしまいましたが、後編です。
今回は当初の予定では触れるはずのなかった難しいテーマにも少々手を伸ばすことにもなり、こういう点はおそらく今後の人工知能の発展に伴って現実的に問題になってくるでしょうし、実際にそのような議論を見たこともありますが、とかく難しいなあと頭を茹らせながらひとまずの結論。もちろん『オリジナルA.I.』というニトロシリーズ特有のA.I.に関わる上で、という前提がつきますが。
とかく難しい話は置いておいて、お話をお楽しみいただけることこそが本懐。
面白ければ、幸いです。


それにしても暑くなりました。
アキアカネが飛んでいて、秋を先取りしたかのような気にもなりましたが、その背後にはアブラゼミの声。それに調べてみればアキアカネは別にこの時期に飛んでいても何の不思議もない模様。
毎年のことなのに、知らないことはまだまだたくさんありますね。
posted by 楽遊 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年05月10日

更新メモ150510

『ニトロの悲劇 番外編』に「夜の美術館にて」を掲載しました。

GWが終わり、梅雨の話題の出始めるこの頃、皆様お体の調子など崩されていませんでしょうか。
この時期は五月病も怖いですが、湿気の上昇に伴う疾患などもありますので、お気をつけ下さい。虫も元気になりますしねー。早めの対策です。


さて、今回掲載した『ニトロの悲劇 番外編』「夜の美術館にて」は、初稿自体は前回の「知らぬ顔」より早かったのですが、内容が(作者が扱うには)難しくて推敲に時間がかかったものです。色々と不備などもあるかもしれませんが、しかしお読み頂いた方にお楽しみいただければこそ。その意味ではちょっとドキドキではありますけれど(^^; どうぞよろしくお願いいたします。
ちなみに時系列的には前回「知らぬ顔」の約一ヶ月前。「おみくじ2015 大吉」の数日後になります。「大吉」と時期的な比較をしても楽しめるようになっています……なっていると、思います(笑)


本編再開まで、番外編であっても途切れず一定のペースで新作をお届けしようと思っています。こちらもまた、よろしくお願いいたします。
posted by 楽遊 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年01月18日

更新メモ0118

『絵』を一時閉鎖。
『Link』のレイアウトを変更しました。


拍手をたくさん頂けて、新年に入って嬉しいばかりです。
そう、やはり嬉しいもので、とても充実した気分を頂いています。
大感謝です(^^)


さて、今年は色々動いていくぞと屈伸運動がてら、サイトで完全に停止している「絵」を一時閉鎖しました。再び練習するようになったら再開するかもしれませんが、さてどうか。同じく長期冬眠中の「ガリ作品」は一応サイトの看板からも置いておきますが(苦笑)こちらも企画倒れになってますからねぇ、アイディアを実現していくのも今年の目標です。しかしこちらは画力も必要なので、ぼちぼちと。あくまで主力は文章作品ですし。
あと「Link」のレイアウトを変更しました。
これまでは簡単な紹介文を付記していましたが、時間が経つと先方のサイトも内容が変わることがありますし、それを考えたら文がない方が良いだろうと考えてのことです。

最後に。
昨年から「カオスパラダイス」さんの挙動がおかしいなと思っていたのですが、今年になって管理人様がお亡くなりになっていたことを知りました。
ネットに小説を上げるようになってからずっとお世話になり続けていた検索サイトでした。きっとこのサイトから拙作を知ってくださった方もいらっしゃると存じます。ネット小説書きの一人として、本当に助けていただきました。心から感謝を申し上げます。そして、お悔やみを申し上げます。どうぞ安らかにお眠りください。
posted by 楽遊 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年01月11日

更新メモ150111

『拍手返信』更新しました。


年末から引き始めた風邪が年明けに発熱に変わり、翌日このまま治りそうだなーと思っていたら急性気管支炎へと悪化しまして今年の正月は散々でした。
気管支炎は苦しいとは聞いてはいましたが、実際に罹ってみると本当に苦しいものですね。
呼吸はろくに出来ないし、咳き込んで眠れないし、何かもう断続的に半日以上咳き込み続けてたら血痰は出るし腹筋は筋肉痛になって“咳をすると苦しい”に“咳をすると腹筋が痛い”が加わって地獄風味グレードアップ。市販の咳止めもろくに効きやしねぇ。しかし正月ですから薬局は休みなわけで、病院も休日診療扱いで特定の医療機関しかやってない。
タイミング悪いなーと思いつつ、布団の中で咳き込みながら楽しみだったのが拍手やコメントをいただけること。携帯から見られるようにしてあるので、そればかりが楽しみで、そして薬でもありました。体力削られながらも、嬉しいことがあると堪えられるものですね。本当に感謝ばかりです。
ありがとうございました。
posted by 楽遊 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2013年01月23日

親知らず拍子抜け

親知らずを抜きました。

昨年末、寝てても目が醒めるような痛みに襲われまして、しばらく気のせいにしたくて我慢していたのですがやっぱり痛みまして。
気のせいにしたかった最大の理由はタイミング的に楽しみにしていた飲み会の直前に抜歯することになりそうだった、ということだったわけなのですが、しかし飲み会後は歯医者さんが完全に年末年始休暇に突入するというタイミングだったわけでありまして。
それで、何故、歯医者に行く前から抜歯前提にしていたかというと、その痛むのが親知らずだったからなんです。
場所的にも、こりゃ抜歯だろ……と。
結局我慢ならん! というわけで診察にかかってみましたらやはり抜歯の診断でした。
でもその日が最後の営業日で、後日何かあったら対処できない――というわけで、その日は痛み止めを埋め込んで(でいいのかな)、抜歯自体は年始に。年始といっても先に予約が埋まっていましたので下旬に、となりまして。
痛み止めが切れる不安もあったのですが、まあ自業自得です。でも楽しみにしていた飲み会は歯の痛みのなく非常に楽しめたので結果オーライです。美味しい日本酒飲んだ飲んだ。美味しかったのは久々に会う友人達との会話が楽しかったからというのもあります。抜歯遅らせて結果オーライです。

で、先日、親知らずを抜きまして。

親知らずを抜く際に関しては様々な脅し文句が先情報として頭にあったのですが、だからこそ拍子抜けするほどあっさり抜けまして。

あれ? いつ抜きまして? というような感じです。麻酔がちゃんと効いていたってのはあるんでしょうけれど、お医者さんの腕もいいのでしょう。何かやってるなー、下準備? と思ったのが抜歯本番だった、と。抜歯はまるで痛くなかったんですが、一度器具と歯の間に唇が挟まれまして、それだけが痛かったです。

で、抜いた親知らずは想像以上に悪くなってました。
こりゃ痛いはずだわってくらいにひどいの。
どうしても歯ブラシが届きにくいポジションになっていたようです。ていうかよく今まで痛まなかったな。鈍いのか? 僕の神経。

それと、抜いた歯が思ってた歯と違いまして。
その抜くと思っていた歯が痛んでいた気がしたのですが、どうやら親知らずの巻き添え食って虫歯になっていたようです。通院続行決定。うぎゃあ。歯医者自体に苦手意識はありませんが、治療費うぎゃあ。

ちなみに抜歯後の経過は良好。
痛み止めもあんまりいらないんじゃね? くらいに痛まないです。
だからって油断すると地獄を見そうな気がしますので痛み止め飲んでますが。

それにしても抜歯後の食事、麺類がいいかなー、それじゃあ久々にラーメンでも食べに行ってみようかなーと出かけましたら、そのお店は喫煙可能でして、だから仕方がないわけですが隣の席の人がラーメンが来たところで急に食後のタバコを吹かし始めまして(コンチクショウ)ラーメンがタバコの煙味になってしまって非常に残念でした。いや、ちゃんとラーメンの味もしますが、それ以上にタバコの煙の上書きっぷりが強烈なの。麺をすする時に臭いの塊が口の中に入ってきますねん。ほぎゃあ。その不味さも久々に思い知りましたので、次はちゃんと分煙されてるか禁煙の店を選ぼうと思います。
posted by 楽遊 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2013年01月12日

マウスは

やっぱりというか悪い予感が当たったというか。
店舗では正常動作しましてね? ええ。家では電池を換えてもうんともすんとも言わなかったくせに、店舗では旧来の電池でもしっかり動くでやんのさ(チクショウ)
分かっていても一杯一杯になっちゃいましてねぇ。
そういうときにもしっかり最上の対応ができる人間に、わたしはなりたい(苦悶)

ひとまず症状などを話してたりしてたら結果として交換することになりまして、現在は普通に使えています。
クリックの手応えとか前に比して明らかに違うのはやっぱり接触不良だったのか、どうなのか。

とまあそうやって悶々としていたら応援している伊藤工真騎手も来週からしばらく騎乗停止になっちゃうし。もちろんこれは伊藤騎手の不注意が原因ではあるのですが(そこで左ムチで修正を……)とはいえお休みなのはやっぱり残念。

二週間後に抜くことになっている親知らず(虫歯)も、年末に塗りこんだ痛み止めが切れ出してきたのか時々痛むようになってきたし。
何だかもう年始から地味ぃにしょんぼりがっかりが続いていますなぁ orz





でもオンラインでの活動は嬉しい反応たくさんいただけてほくほくな最近です。
これは……あれだ。
誰かが僕にネットに生きろと言っているんだ(笑)
posted by 楽遊 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2013年01月03日

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年の抱負といたしましては、まずは『ニトロの悲劇』の一日も早い連載再開を目指したいと思っています。
それでは、本年も引き続きのご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



さて、年始の僕のオフラインでの出来事。



初日の出、東の空に“だけ”雲がかかって見えず。


初詣に行き、出店で買ったたこ焼きをお土産に持って帰ることになり、冷めるのを少しでも防ごうとカバンの中へ。
するとたこ焼きのパックを入れたビニール袋に穴が開いていたらしく、見事カバンの中にソースだばぁ。


今年の中央競馬最初(正確には二番目)の重賞、京都金杯。
ずっと応援している伊藤工真騎手がヤマニンウイスカーで出るかもしれない。
ヤマニンウイスカーは前走最低人気・単勝397.4倍ながら、キャピタルステークスを伊藤工真騎手と共に素晴らしい逃げで勝った馬。
除外対象ではあるけれど、回避馬も出そうだし、この分だと出走可能かも?
ハンデもそこそこ軽い。京都は開幕週。再度逃げれば、今の出来ならひょっとして?
それなら……もしかしたら伊藤騎手工真騎手、年始早々重賞初勝利の可能性があるかもしれない? だったらいいなあ!――って、去年末からドキドキワクワクしていましたら、何とまあ武豊騎手に乗り代わり。



がっかりしょんぼりのボディブロー連打 orz



オンラインでは年始のコメント、拍手と様々にいただけて嬉しくホクホクなだけに落差が(苦笑)
posted by 楽遊 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2012年05月20日

修正メモ0520

誤字脱字のご指摘、ありがとうございました。

> 『年寄りの冷や水にならなけらばいいが』

もちろん「ならなければ」でした。

> 『今来ている』

これももちろん「着ている」です。好きで間違えているわけではないのですが、見逃してしまう誤字の代表であることは確かなようです。手癖というか、目癖でしょうか;

> 『ちょっと“刃”篭手』

「で」の脱字です。
原本の方は脱字をしていないのに(ちゃんと「で」があるのに)、何故か抜けてしまっていたという不思議。HTML化の最中に何らかの弾みで消しちゃって、そのまま気がつかなかったようです。

> 『防御の体制』

ご指摘の通り「体勢」でした。
変換ミスは基本的ながら、大敵ですね(汗)
それぞれ修正済みです。ありがとうございました(^^)



さて、それから『パトネトの手のかかるもの』ですが、この場面では「手がかかる」の変形として使ってはいません。
ここでの「かかる」は、辞書の意味としては『その事に当たる。従事する。』や『その人によって作られる。その人の手になる。』(いずれもgoo辞書)などの意味で使っています。ですので、言い換えるなら「手による」ももちろん合っていますが、むしろ「手になる」がより最適となります。ただ、直後にティディアが言っているように、例の品物は全てパトネトが作ったというわけではありません。そこで、パトネトが主幹として関わったということを表しつつ、中でもパトネトの働きを強調するためにこのように言っています。ニュアンス的には「息のかかる」の色合いもあり、そしてこの「息のかかる」の“息”を“手”に置き換えた感覚も滲ませている言葉でもありました。

以上です(^^)
posted by 楽遊 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2012年03月11日

一年


東日本大震災で犠牲となられた方へ心より追悼を捧げます。
被害にあわれた皆様へ、改めて心よりお見舞い申し上げます。

何を言っても月並みとなりますし、ことさら僕が何かをできるということでもありませんが、とにかく僕なりにできることをしていこうと思っています。
昨年もそう言っていた気がしますが、結局、それしかないと思いますので。
オンライン上では、良い作品を送り届けられるよう励んでいきますよっ。
posted by 楽遊 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般