2008年12月29日

今年の競馬

今年の競馬のレースの中、最も記憶に残っているのはやっぱり天皇賞(秋)。
ハイペースで逃げるダイワスカーレットに後方から急襲していくウオッカとディープスカイ。
一度はウオッカとディープスカイがダイワスカーレットをかわし、このまま二頭の競り合いかと思った瞬間、ぐっと失速していたはずのダイワスカーレットが先頭を奪い返しにかかる。
なんだそれ!?
このレースは、僕の短い競馬観戦経験の中で、もっとも不可解なレースでした。
だって、しばらく何が起こったのかよく解らなかったもの。
普通、後続にかわされた逃げ馬はそのまま失速していくもんです。もしくはそこで粘って2着以下とかです。
しかもかわした二頭はもはやおかしいだろってレベルの瞬発力で突っ込んできてるんです。
ディープスカイは三歳じゃない感じだし、ウオッカなんていやもう牝馬じゃなくて牡馬だろってレベルです、いや、牡馬も牝馬もない、恐ろしい末足です。まさに東京競馬場に愛された伝説の牝馬。
しかし、もう一頭の伝説の牝馬も黙っちゃいない。
お前にだけは抜かされるかとばかりに驚異の心肺能力で盛り返す。
まさか、ゴール直前、一瞬ダイワスカーレットが先頭(ハナ)に立つ。
その瞬間! お前にだけは負けるかとばかりに刹那、ウオッカが再び差し返しにかかる!
ゴールの瞬間はどちらが勝ったのか判らない。
1・2はウオッカかダイワスカーレットか、スカーレットかウオッカか。

そして、異様に長い写真判定の結果、勝利はウオッカ!
その差、鼻差、距離にして、わずか二センチ。

凄い、の一言。
この二頭が同世代に生まれたっていうことも凄い。
それをリアルタイムで見続けられているのは、競馬ファンとしては幸せなことです。


さらに今年は印象に残ることも多く。
ヴァーミリアンのフェブラリーS完勝。
ユキチャンの関東オークス圧勝。
ファイングレインがスプリント路線に変更して勝った高松宮記念。
ディープスカイのNHKマイルC・ダービーの変則二冠。
サクセスブロッケンのジャパンダートダービー圧勝。
ヴィクトリアマイルの一番人気、ウオッカを破ったエイジアンウインズ。
その三週間後、安田記念のウオッカの度肝を抜く復活圧勝劇。
大好きだったスプリンター、サンアディユの訃報。アストンマーチャンも夭逝して、短距離路線の楽しみが減っていた中、現れたのは、目を覚ましてくれる快速牝馬。スリープレスナイト、スプリンターズSを快勝。鞍上の上村騎手の男泣き。目の病気を克服してのG1初戴冠、おめでとうございました。
男泣きと言えば、桜花賞をレジネッタで勝利した小牧騎手。地方から移籍してきての初G1戴冠。こちらもおめでとうございます。
それにしても今年の牝馬クラシックは荒れた荒れた。秋華賞は三連単1千万馬券でしたね。優勝したブラックエンブレムの調教師はblogも持たれていて、そこで調教師の苦労を垣間見て。
サクセスブロッケン、ユビキタスを筆頭に三歳牡馬のダート路線は将来が有望視される馬が溢れる中、芝のクラシック路線組は低調と言われ、最弱世代とも言われたけれど、ディープスカイが孤軍奮闘。遅れて台頭したオウケンブルースリが菊花賞を優勝し、続くジャパンカップでも5着と健闘。
そのジャパンカップで人気のウオッカを破ったのは、秋の上がり馬スクリーンヒーロー。この時鞍の上に居たデムーロ騎手といい、秋は外人騎手が大活躍。
翌週にはルメール騎手を鞍上に、屈腱炎という競走馬生命を奪う不治の病から一度ならず二度までも不死鳥のごとく復活したカネヒキリが同世代のメイショウトウコンとヴァーミリアンを抑えて優勝! さらに続く東京大賞典でもヴァーミリアンとの叩き合いを制してG1連勝、完全復活! でもまた怪我しませんように。
……有馬では、クラシック二冠馬メイショウサムソンの引退。
しかし名馬の引退後もこれからを担う二歳がいて、その中にも好きな馬が現れてくれて、また先が楽しみ。

それにしても、贔屓のロジックが音沙汰なしで心配。
故障でもしたのかな。まだ登録はされているから引退ってわけではなさそうだけど。

また、今年は牡牝混合戦で牝馬が大活躍。
壮絶なレースの末、牝馬ワンツーとなった天皇賞(秋)もそうだし、ブルーメンブラットが買ったマイルチャンピョンシップに……
そして、JRA今年最後のG1・有馬記念を圧勝したダイワスカーレット。
度肝を抜くその強さ! なんだそれ!
牝馬の優勝は37年ぶり。歴史を塗り替えると共に、どのコース、どのレース、どの距離でも自分でレースを作った上で相手を破る完璧なレース運びをする――有馬記念優勝と共に現役最強の称号を堂々と戴冠。

条件によってパフォーマンスの変わるウオッカと条件によらずパフォーマンスを変えないダイワスカーレットの、互いにベストパフォーマンスを出した場合の最強論争はこの後も決着がつかず、かつ尽きることなく語り継がれていくんだろうけれど……多分、『最強のダイワスカーレット、最高のウオッカ』と呼ばれるような気がするな。
いつでも常に強いダイワスカーレット。
その勝利は常にドラマチックなウオッカ。
歴史を変えてきた女王、並び立ち。


歴史を変えたと言えば、驚異の新人、三浦皇成騎手を忘れちゃいけませんね。
全国ニュースにも乗った、武豊騎手の新人最多勝記録を塗り替えた――今はまだ19歳の少年。三月デビューから積み上げた勝ち星は、年齢を裏返した91勝。
三浦騎手が今後、どんな騎手になっていくかも楽しみ。

それと、個人的に三浦騎手と同期の伊藤工真(たくま)騎手を応援していて。
今年は1勝で終わってしまったけれど、見ていてしっかりした騎乗をしていて。
若手騎手戦で、惜しくも2着に敗れたとはいえヤマニントップギアで豪快に追いこんだ姿は今もはっきり覚えている。最近でもグラスゴッド、シュウザンアイ、マイネルプエルトなどで見せ場たっぷりのレースを見せてくれて、わくわくさせられてます。
人気薄を人気順より上の着順に持ってくることも増えているし、掲示板にも結構乗る。
三浦騎手の座右の銘が『気魄』――伊藤工真騎手は『苦の中に光あり』(JRA配布 KEIBA CATALOG Vol.26)と、なかなか対照的。
伊藤工真騎手の来年もまた、楽しみ。
G1を勝つのはどっちが先かなー。




ちなみに僕は馬券はあまり買いません。
一日で使っても千円のゲームセンター感覚。複勝中心。アーケードゲームと違って資金が戻ってくることもあるので、おおよそ一定の資金内で長く楽しめてます(つまり大きく増えもせず減りもせずのトントン)。
ただ配当一千万馬券とか見ると、そういうのを一度当ててみたいとは思いますね(笑
posted by 楽遊 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月22日

一瞬の美

ロイターの写真は凄いですねー。

ロイター通信:五輪ベストショット集


インターネット普及以前ではこういうフォト集をこんなに手軽に見られることがなかったものですが、いやー、何度見ても凄いや。
で、インターネットではこういうのがあるよって情報を発信してくれている方がいるので助かります。
posted by 楽遊 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年05月24日

大相撲夏場所

琴欧洲、優勝しましたねー。
大関、おめでとうございます。

大関昇進後、特に右膝を怪我してから精彩を欠いていましたが、今場所は大関に昇進した当時のような迫力のある相撲で良かったです。
「ブルガリア」(ヨーグルト)の化粧回しで目を引いて以来気にしていた力士なので、ちょっとした感慨が。
この調子のまま、来場所も頑張って横綱を目指してほしいです。
強い力士はたくさんいた方が面白いですから。

にしても、久々に相撲を続けて見たなぁ。
贔屓の力士が活躍すると楽しいですね。
posted by 楽遊 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年06月26日

凶獣

WWEのプロレスラー、クリス・ベノワ選手が死亡とのニュース

……衝撃です。

死因はまだはっきりとは特定されていないそうですが、無理心中の可能性もと。
日本でもペガサスキッド、ワイルドペガサスとして活躍されていた選手で、まだ現役のトップレスラー。
早過ぎる死に残念でなりません。

故エディ・ゲレロ選手と並んで、スーパーヘビーの中では小さな体でもパワフルで、そしてテクニカルなファイトで魅了してくれる素晴らしい選手でした。
心から、お悔やみを。
posted by 楽遊 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年10月02日

凱旋門賞

惜しかったー!
ディープインパクト凱旋門賞、最後の直線で一度は先頭に立ったものの、背後からレイルリンク、プライドに差し抜かれて三着。
でもレースは素晴らしかったと思います。
ちょっといつもと走る姿が違う気もしたけど。
初めは内にいてどうするかと思っていたら、武豊騎手スルスル外に出てスムーズにレースを作ったし。
ああ、なんかハーツクライの時と同じ感想しか出てこね!
あれで負けたのなら相手が強かっただけ。
仕方がないとは言っちゃ申し訳ない、ただ勝った相手の力が上回っていた。
でも三強といわれていた、ハリケーンランシロッコの中では先着か……。
世界の壁は厚いなー。
とにかく、ディープインパクト、武豊騎手、関係者の皆さんお疲れ様でした。
あとは何事も無く帰ってきて、できれば来年も……。
posted by 楽遊 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス

惜しかったー!
ハーツクライが挑んだキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス
最後の直線叩き合いで一度は先頭にたったものの、ハリケーンランエレクトロキューショニストに壮絶な叩き合いの末、三着。
でも素晴らしいレースでした。
あれだけのレースをしたのなら負けてなお誇っていいと思います。
また日本でのレースを楽しみに。
ハーツクライ、ルメール騎手、そして関係者の皆さんお疲れ様でした。できれば来年も……。


※ 上げ忘れていたので、ディープインパクトの凱旋門賞のエントリーと共に。

※ エレクトロキューショニストは2006年9月9日に心臓発作で死去。お悔やみ申し上げます。(061004修正)
posted by 楽遊 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年09月11日

戦慄の左ハイ

9/10のPRIDE無差別級王座決定戦。
テレビ放映なし、結果もポータルサイトに出てるけど一応本文は『続き』で。
もろ結果書いてます。続きを読む
posted by 楽遊 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年08月05日

ひどくないか

今日のHERO'Sをテレビで観てて思ったこと。
いつか死人が出るんじゃないか?
いや、死なないまでも選手生命を縮めたり、重大な後遺症を負ってしまいかねないんじゃ?

桜庭選手の試合、普通ならレフェリーストップしているでしょう。
というより、個人的な経験則だけど、あれだけ一方的にグラウンドで殴られている状態で止めなかったのを見たことがない。
スミルノヴァス選手の攻撃を止めて、ああやっとレフェリー試合を止めたかと思ったら、ロープ際ってことでブレイクという形にしてリング内側に戻し、そこからまた続行。
なんで?
桜庭選手朦朧としている。
あれじゃ相手も(ファイトスタイルや性格にもよるけど)攻めにくいでしょうし、何より選手の生命を守るという義務がレフェリーや主催者にはあるはずです。
それがないというなら、これはもうスポーツとは言いがたいし、テレビで放送するようなものじゃない。
一歩間違えば『駄目押し』が入っていてもおかしくなかったんだし、その『一歩間違えば』は最大限減らさないと。

人気選手を勝たせたいというのはあっても、それでも最後の一線は堅守しなきゃいけないでしょう。いくら話題や視聴率が欲しかろうと。
posted by 楽遊 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年06月30日

久々に通して観た

今日のK-1MAX。
結果知らない方もいるだろうし、以下は続きで。続きを読む
posted by 楽遊 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年06月07日

ありゃ……

フジテレビがPRIDEと決別、放送中止
「 PRIDEとフジテレビが決別した。フジテレビは5日、主催するDSEの契約違反を理由に、PRIDEの放送対応中止を発表した。10日に予定されていた、4日の武士道11の放送も中止。昨年は吉田秀彦−小川直也戦を行うなど、大みそかの定番となっていた男祭りは開催が厳しい状況になった。」

ニッカンスポーツ


何があったのかは知りませんが、地上波観戦の身としては残念。
トップファイターの試合が見られなくなるのは、面白い総合が見られなくなるのは、残念。
残念、ただただそれだけ。
うーん。
posted by 楽遊 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ