2010年01月27日

ふと思い出すように

こないだの金曜ロードショーでやってた『天使にラブソングを…』、何でか放送されているとつい観てしまう映画です。
ありていに言えば好きな映画、ということなのですが、他にも『プレデター』シリーズとか『エイリアン』シリーズとかジブリ作品は観てしまいます。特に映画を観たい! という気分でなくてもチャンネルロック。

それとは逆に。

「特に映画を観たい!」という気分でなくては観れない映画の中にも好きな映画ってあります。
そういうので一つ挙げろ、と言われたら、僕が間違いなく挙げるのは『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。
日本公開時のCMのインパクトから印象に残りつつも結局観ずに終え、数年前の正月ロードショー(深夜やってるやつ)でついに観て、観ずにいたことを後悔した映画。そしてしばらく、何度も見返してしまった映画。
前情報なしで観てから後追いで紹介文やサイトを追った方がいいと思うけど――
映画公式・日本版が消えてるようなのでWikipediaのページを参照として。
日本での舞台化もされていて、あらすじはこちらの紹介文が簡潔ですっきりしてるかな。
元はミュージカル。
ロングランヒットを経て映画化された本作には魅力的な楽曲もあって、特にプラトンの「饗宴」を元に作られた『The Origin Of Love』は必聴の価値ありです。
個人的には、この映画は愛を捜し求めて...と書かれているけれど、愛と同時に、もしかしたらむしろアイデンティティについて語られているんじゃないかな――なんて思ってます。
ビジュアル的にはキワモノ然としているけれど、いい映画ですよ。

2008年09月04日

ねこまんが

最近一番掲載が待ち遠しい漫画の一つ。

くるねこ大和

最近知りまして。
笑えるやらしんみりするやらほろほろするやら。
簡略化した絵柄だけど、デザインの仕事をしているのかな? コマの間とかレイアウトとか洗練されてて脳味噌にすっと直撃してきます。ええ、笑えるやらしんみりするやらほろほろするやら――が。

2007年12月27日

こんじき

「金色のガッシュ!!」
サンデー今週号にて最終回。

最終回含めて快いラストエピソード、力強い少年漫画、そして素晴らしい作品でした。
僕の心の殿堂入りです。
雷句先生お疲れ様でした。
そしてありがとうございます。


ああ、七年間楽しかったなぁ。

2006年09月18日

ゴールデン!

トリノ五輪で男子フィギュアの金メダルを取ったエフゲニー・プルシェンコさん。
エキシビションでは驚嘆の演技を見せてくれたЕвгений Викторович Плющенкоさん。


あんた、何やってんすか。


はっちゃけてんなー。
こういう格好もするということは知っていましたけども、前に見た格好をさらに超えてらっしゃる。
これであの超絶テクニックも披露したんでしょうか。
いやもう、なんつーかね。
ブラーヴォ!

2006年09月07日

にんにんけんけん

方々でFF3(DS版)で遊んでるという日記や雑記を見て、妙な感慨に浸ってます。

あのラストダンジョン、きつかったなーって。続きを読む

2006年06月15日

かめはめ波も好きです

Wikipediaのドラゴンボール関連の記事を読んでて驚いた。


天津飯って、宇宙人だったのね……知らなかったよ。


あと、はてなのクリリンの項目に笑った。
まあ、そりゃそうなんだけどさ。
最後に持ってきますか、その一言。

ちなみに僕がドラゴンボールんなかで好きな技は気円斬。
当たりゃフリーザ様も両断。

2006年06月05日

ワインと龍玉と弾丸

友人宅で徹夜飲み。
美味しいワインを3本も頂いて至福でした。
赤を2本と白を1本。
どれもそのワイン独自の味を持っていて、全く違う味わいを楽しめました。
長期熟成でどっしりしているくせに軽い口当たりでスイスイ飲める赤。
これまた長期熟成で練られているのに糖度高いのに、キンキンに冷やすと飲み応えスムースで円やかな味わいの白。
最後に出たのは炭酸が僅かに残った赤は、ぴりと舌を刺激する炭酸が、満腹感も弾き返して飲み進めさせてくれる爽やかさ。
いやー、美味しかった。
白に併せた鯵も美味かったし、チーズと生ハムもよかった。
友人、ご馳走様でした。


で、飲み進めながらゲームで久々に。
ドラゴンボールZ3バイオハザード0を。

ドラゴンボールは製作者に原作へのなんかスッゴイ愛を感じましたよ。
操作に慣れてないのでCPU同士の対戦を観てただけなんですが、原作に思い入れがあるのも手伝って、それだけで面白い。夢の対戦っちゅうかね。
バトルだけでなく、操作方法説明とか細かいところの演出も凝っているし。
あとクリリンと18号のバトル前の会話とか、ベジータとトランクスの会話とか。
てかCPU対戦のクリリンが異常にカッコよくて強かった。
製作者の愛情補正でも入ってるのかしらねぃ。

バイオハザードは相変わらず怖かったです。
酔いも冷めるくらい。
弾がなーい。
弾がなーい。

2006年02月17日

続・備長炭→

以前書いたびんちょうタン。
アニメを見て、ちょっとびっくり。
絵柄から受けてた印象とは大違い。結構シビアな部分を含んだ世界観なんすね。
主人公は米を手にいれるために日雇いで働いてるし、「乗り物」役の鳥にも「実」っていう対価が必要だし。
もみ殻ついた米を一升瓶に入れて上から棒をついて脱穀したり、ゼンマイのアク取りに灰や炭を使っている描写もしっかりしてて面白かったな。
あと、異様に絵と演出が綺麗。
いわゆる「萌えアニメ」としては「厳しさの中でもけなげな少女」をコンセプトの中心にしてるのかな?
でもそう観ることなくとも見所はあって、主なコンセプトの外にも狙いがこめられてそうに感じた。

見た限り、深夜にせず低年齢層も見られる時間に放送すればいいのに、とも思いやした。

2006年02月10日

今日のMステ

レイザーラモンHGが『Y.M.C.A.』を歌っているのを観てました。
なんつーか、この歌を選曲したのは確実に狙ってるんでしょうけど、カバー対象の西城秀樹が歌った『Y.M.C.A』とはまったく別もんになってますね。
西城秀樹バージョンは応援歌、レイザーラモンHGバージョンはゲイソング(って言ったら語弊があるかな?)。
元歌はゲイのことを含ませた賛歌だそうなので、完全に真っ二つです。テーマの抽出方向を完全に逆にして強調しているような。
多分レイザーラモンHGバージョンは、アメリカじゃまずいんだろうなー。
ゲイ(疑惑だったかな)の人をからかうのにこの曲使われている映画のワンシーンもあるそうだし。

『Y.M.C.A.』に詳しいのはこちら
オリジナルを歌ったのは『Village People』でWikipediaとかこちら
ゲイを前面に出していくことにゲイでないメンバーの葛藤があった、みたいな文面をどっかで読んだんだけど、見つからないな……。


それにしても、レイザーラモンHGががらりと空気を変えたMステの中、次の出番の安藤裕子さんが
「わたし、どうしたらいいの?」みたいな、ちょいとパニック寸前みたいな感じでオドオドしていたのがなんか……印象的でした。

2006年01月31日

面白恐怖ソング

録り溜めしていたTOYOTA MIX MACHINE
1月26日の回で聴いたオオタスセリの『ストーカーと呼ばないで』はすっごい歌でございました。
のっけからタイトルフレーズで入るインパクトもさることながら、その詩の内容が怖ぇ。
心模様が横滑りして崖から落っこっちゃう物語形式。
聴いていると笑えるやら、切ないやら、やっぱ恐ぇやら。
どっちに取るかは、聴いている人しだいだろうなぁ。
歌っているオオタスセリさんは……芸人、でいいのかな?


イノキンの曲も凄かったけど、どんな歌でもMIXしてくるピストン西沢さん面白すぎです。