2011年12月27日

お勧めボカロ1112

G9Fried@GRM(マイゴッドP)さんの動きがなく、これだけ間が空いたことの無い方なので元気かなぁと思っていたら、久々にsaiBさんが新曲上げてた!
ので、久々にご紹介。



今回は『ポップを目指したような何か』。
何だかリズムとメロディがずれているようなのに実は合ってる!? イラストの右手のように違和感があるのにかっちり決まっている不思議さ。聞いているうちに「saiBワールド」に持っていかれるのは相変わらず。
ラストの音がまたカッコイイんだ!


ついでに、これまでに紹介したことあるのもあるけど今回の紹介に当たってふと頭をよぎったラインナップ。







saiBさんより二曲。
上の曲はニコニコ動画のとは別Ver.
下の曲は沁みるの。




梨本うい(梨本P)からこの曲。
惨事は「三次元」。切ない恋心をロックで。






ピノキオPから二曲。
上の曲は解釈次第で……
下の曲は意地っ張りで嘘つきで。
自作イラスト・PVの可愛さの裏に、辛辣で痛烈なものを色んな色したキャンディに包んで放り投げてくるようなPです。
優しさも忍ばせてね。








ずどどんPから三曲。
各々『ぎゃっぎゃっずぎゃっぎゃ』で『あああっあー』で『くあー』。
「croak」は10分あるのに時間を感じさせない素晴らしさ。ほんとこの方は凄い。
爆音推奨!










そしてラストにマイゴッドP。
詩曲動画にMMDとすげーレベルでオールインワンのマルチタレント。
曲調もジャンルも様々でお勧めしたいのもたくさんですがとりあえず三曲を。





来年もまた良い曲聞けるといいな。

posted by 楽遊 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2011年04月26日

お勧めボカロ1104

PC復活してからというもの、ボーカロイド使用曲を心行くまで聴いているのですが。
PCが冬眠している間に思ったのは、『マイゴッドP』『ずどどんP』『saiBさん』『AVTechNO!さん』が僕の中での四天王らしく。
というわけで心行くまで聴いているのはこのお四方の曲ばかり。
といってもたくさんの曲がありますので、このお四方に集中しても時間が足りないくらいなんですけどね。無限リピート派なので。
何巡繰りかして、現在は『ずどどんP』熱最高潮!

というわけで、今回は(もう何度もご紹介しましたが)このお四方の曲をいくつかずつご紹介。


『マイゴッドP(G9Fried@GRMさん)』からこの三曲。












マイゴッドPは曲も良いけどPVも凄い!
歌詞も独特の個性があって、物語を感じる歌詞世界が心を掴むのです。
例えば『飛べない烏と迷い犬』は「という夢を見た」シリーズの一つなんですが、これの物語性がまた味がある。
切ない曲、熱い曲、ネタ的な曲、ゲーム的な曲、何か知らんがぶっとんでる曲と実に多彩。
聞き込んで観込んで解釈するのも楽しい方です。



『ずどどんP』













躍動するリズム、重いサウンド、緻密な音の乱舞。
聴く度に新しい音を発見できるような……ジャンルは何だろう、インダストリアル? テクノ? プログレ? いいや、きっと“ずどどんサウンド”!
一番目の曲を収録したアルバムを無料配布されていて、それが「振り込めない詐欺」もいいとこの素晴らしさ。
はまるともう、真面目に中毒。



『saiBさん』









VOCAROCKタグが付けられているけれど、まさにロック。
この方の世界観には「絶望」とか「失意」とか「哀しみ」が影のようにくっついてきているような気がしてならない、そういう歌詞。耳に残るメロディに心に残るフレーズ。でも暗くなく、仄かに未来を囁く誰かが側にいるような、そんな感覚。
そして是非ライブで聴いてみたいサウンド。
三つ目はニコニコ動画に上げられた『13`s MeMory』の別バージョンです。



『AVTechNO!さん』







お帰りなさいAVTechNO!さん!
音が溢れる。
音が暴れる。
音が流れる。
やっぱりAVTechNO!さんの曲だー。
posted by 楽遊 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2011年01月11日

お勧めボカロ201101

今年もボカロ使用曲、またその作者様方には楽しませてもらえそうな予感がしています。
良い曲、好きな曲に出会えて、出会える機会が増えるのなら僕はそれでいいの。何でも。




今年もマイゴッドPを追いかけますとも! 
初っ端から何かすげーの来た。グルーヴに視覚的にもどっか飛んでくトんでく。
この『ANAGRAM』。『※ 動画を見るときは部屋を明るくして画面からある程度離れて見て下さい。』と投稿コメントにあった通り、画面酔いには注意なれども、その要因の演出は歌詞と繋がっていて、歌詞とメロディと動画の相乗効果に脳内イメージはバラバラと再構成のANAGRAM。





びにゅPの沁みる曲『Trees In Our Homeland』。
この曲については、びにゅP自身の投稿コメントに勝る紹介はなさそう。
――『いつでもここへ帰っておいで』――





さまざまな趣向とセンスをこねくり回してドーンと放ってくるピノキオP。
その新曲の『腐れ外道とチョコレゐト』もまさにそう。
いやー、まさかそうくるとは……
さらに最後も、もしや心音止まった?
ちなみに動画左上の方にちっこくいる二つのマスコットはピノキオP作の“アイマイナ”と“どうしてちゃん”。







ナノウ(ほえほえP)さんの『文学少年の憂鬱』。
太宰治の“人間失格”の文を引いた、人生の情が切なく激しく滲む歌。
約7分の長い曲なのに、全く長さを感じないどころか短く感じる引力のある歌。
上のは初音ミク歌唱の『本家』。
下のはご本人歌唱の『実家』。
いや、タグ巧いわ(笑)





そしてもう何度もご紹介しているsaiBさんの『愛ト茄子ト平和ナ果実』が殿堂入り(10万回再生超)したので再びご紹介。
saiBさんの曲はロック系で、音も良いけど詩も面白いのです。
『至高のフルーチェ』――その発想は凄い。


posted by 楽遊 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年12月02日

染料・染め色・色合い

ボカロ曲の紹介にてこれまで何度か取り上げてきたAVTechNO!さん。
凄い騒動の渦中にあって心配。
全曲削除はその騒動とは別件のようだけど(騒動発覚→削除ではない)、繊細な詩や、以前のブログで窺えた作曲に向ける態度を考えるとこちらも心配。

一ファンとして個人的に思うところはあれど、とかく今言えることは、AVTechNO!さんがまた復活・復帰してくれるよう願うのみです。
posted by 楽遊 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年11月28日

お勧めボカロ101128

Vocaloid曲、最近はお気に入りのPを追っかけてばかりであまり(自分にとってという意味での)新曲を探しておらず。
しかもお気に入りのクリエーター同士がコラボとかしてたりして面白く、何と言うか、色んな段階が生まれてきているようですね、このジャンルにも。

今回は“ききいる”二曲。




びにゅPの『Mathematics』。

それから、



かもしかさん(ニートピアP)の『end point.』。

ききいる曲。
何ともいえぬ浮遊感が、心地良いのです。


あと改めて、



KNOTSさん(若干P)のラビットフォーゲッツ。
僕なら一番に何を消したくなるんだろうなぁ。



さて、個人的な話、最近の音楽環境はほとんどボーカロイド関連の音楽(ボーカロイド曲から知ったPの音楽や、歌ってみた等)がBGMなわけで、そのため新規の曲を外に探すことがほとんどないわけですが。

たまに自分の音源の積み山を探って聴くのは、Slipknot(→youtubeの公式チャンネル)やMasterplanなどハードロック・メタル系が多いです。
……でもSlipknot、ベーシストが亡くなっちゃったんですよねぇ(;;)

あとはミュージカル版の、ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチの『Origin Of Love』っていう曲が大好きです。
ファイナルファンタジーの植松伸夫氏のアレンジとか大好きです。『Final Fantasy 1987-1994』や氏のソロアルバム『Phantasmagoria』は宝物。
クラシックだとラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』とチャイコフスキーの『ピアノ協奏曲第1番』を繰り返し聴いていて。
そんな感じに。
posted by 楽遊 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年10月25日

お勧めボカロ1010

マイゴッドPの新作が良すぎたので衝動的にお勧め。





せーんねん......きっと――
(;_;)ウッ



さらには最近、saiBさんの曲に再熱。ヘビーローテ中なのです。
以前にも紹介しましたが、今回「歌ってみた」もあわせて再度ご紹介。





上、二曲を歌った、





エリィさんの歌ってみた。




この曲を歌ってみた、



秋赤音さんの【絶叫注意】付きにつき、音量注意!




こちらを多種多様な声で届ける



腹話さんの歌ってみた。


どなたの『歌ってみた』もお勧めです(^^)



そして最後に。




何だか色々ぶっ飛んで涅槃に到達できそうですぞ。
(-人-)
posted by 楽遊 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年09月01日

お勧めボカロ1009

お勧めボカロでーす。






明日終了のMMD杯。
マイゴッドP、出ることはにおわせていたけどまさかの2作品!
しかもいつも通り個性激強マイゴッド節がギンギンです。




まーるさんの『ミミック』。
辛辣とニヒルと前向きと、絶望と希望の、それぞれが交わる境界線を絶妙なセンスで飲み込む歌詞、その歌詞を包み込むメロディの相乗効果が凄いのです。
動画に使われている自筆の画がまた味わい深い......




こちら腹話さんの歌ってみた。




FICUSELさんの『思慮するゾンビ』。
聞き入る内に、こちらも何だかどっかにトんでいけそうになるフワフワ感。
そして「?」感。
どっかに引きずり込まれながら浮かんでいくような「???」感。

ところでタグ、『期待の死人』て(笑)




イントロ初手からやられるギターのフレーズ。
whooさんの『Travel In Time』。
とにかくギターが印象的で、そして色っぽい。
イントロから引き起こされる音の流れは心地良くて、相互作用を起こしているような音が気持ち良くて、うわー。
posted by 楽遊 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年07月03日

お勧めボカロ1007

お久しぶりのお勧めボカロ!
気がつけば三月以来。
何だか同じ方の曲をヘビーローテしてた。
そしてご紹介も何だかお馴染みの方々が(笑)


まずは、




36gさん(風呂埋葬P)の……ジャンルは何だろう。タグではシューゲイザー(ミクゲイザーと呼ばれるカテゴリ分け)に割り振られているけど、エモーショナル系のようでもある。
混乱と悲鳴や慟哭のような言葉が、ものすごく澄んだ沼の底から響いてくるような。
飲まれます。





「歌ってみた」から秋赤音さんの『ローリンガール』。
動画に使われている絵も秋赤音さん。天は二物だろうが与えるを地で行くお方。
爆発する感情でそのまま殴りつけてくるような歌声はパワフルで、動画はなんかすげーパワーを持っていて、とにかくパワフリャー。
そして切ないのです。
切なくて温かいのです。

ちなみにローリンガールはwowakaさん(現実逃避P)の作で、こちら。
新作もそうだけど、韻の踏み方とか言葉遣いが面白い方です。





「歌ってみた」の中ではかなり特殊な方だと思うこの曲も
よく考えたらこれは「歌ってみた」じゃなく、これがオリジナルでした。



お馴染みAVTechNO!さんの『6_UGL feat.kazune』。そう“feat.kazune”。
この曲はVocaloid使用曲ではありません。
動画の絵を描いた和音さんの歌声を用いたものです。
ていうか天は二物(ry
人間の声の力と、加工された音声と、何か色々すごいです。
Vocaloid曲で活躍されている方がもっとたくさんこういうのをしだすと、また面白いことが増えそう。

この曲とセットのこちらも。



それと時期的に、



↑のリメイク版↓





そして最後にやっぱりお馴染みの。



マイゴッドPから『take the field (FULLMOON)』。
投稿者コメントにもある通り、「考えることを禁じ」て聴くことをお勧め。
ちょいとネタも絡んでいるけど、カッコイイのですよ!
posted by 楽遊 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年03月29日

お勧めボカロ201003

月一恒例のボーカロイド曲のご紹介でございます。
最近寒くて風邪引きそうです。
温かくしておかないとなー。




僕の中で、ずどどんPのブームが再来中。
大音量推奨。
計算された音、重ねられ連ねられ演出された音、歌詞も含めてその音世界の完成度の高さは――いや、言葉を重ねるよりも、聴いてもらったら一聴瞭然!
『croak』は10分の大作だけど、その10分が速いんだ。くあー!!




以前に紹介したこちらもあわせて。






ceresPの『むにょ。』
強烈な電子ドラッグ。アングラ感全開。
大音量で聴いてると良い感じで脳幹がこねこねされますのです何だろうこの感覚……げ、ゲシュタルト崩壊?






おにゅうPの『クソゲー実況プレイ』はねぇ、何かねぇ……
きっついけど。色々と「うわあああ」ってなるけど、何かねぇ……
しなやかな強さって、いいよね。
折れそうでも折れないのさね。






ボーカロイド曲ではお久しぶりの若干P(ノッツさん)。
ホスピスを舞台にした歌背景。
ターミナルケア。減っていく聴衆。
その中で生きていて、これからも生きていく一人の女性を主人公にしたこの歌はね、もうね、もうね!


あ、マイゴッドPとAVTechNO!さんも新曲出されていますよ(さすがに毎月ここで出すのはどうかと思ったので、文面だけでも)。
posted by 楽遊 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2010年02月28日

お勧めボカロ201002

そういや今月は28日までだった。
どうも、毎月恒例のお勧めボカロでございます。
それでは早速早速ー。




ニコニコ大百科で『VOCAROCKの申し子と言っても過言ではないくらい素晴らしい音作り。』と形容されるsaiBさん。
そのどれもがまさにバンドミュージック、ストレートにガンガン来る音、そこにノる詩は独特・独自色。耳に残るギターのリフや印象的なメロディとフレーズのリフレイン。
はまったら、ぬ、抜け出せない……




同じくsaiBさんの『怪獣ゴメスの憂鬱』。
はじめネタかと思いきや、友達100人できるかな――と、海の彼方から泳いできたという、もうね、もうね......
ちょっとゴメスと友達になってくる! ・゜・(ノД`)・゜・






謎に定評のある『歌ってみた』歌い手、腹話さん。
この方の喉は一体どうなっているんだろう……
ストレートな、切ない歌を聞き手の中に染み渡らせる歌声。




一方でもう良い意味でハチャメチャをぶちかます歌唱力。
音を(原曲のメロディから)意図的に外しているのに外れていないという謎の旋律。
高音低音声質乱高下するというのに一つにまとまる謎の一体感。
音が楽しー!
saiBさんの曲も歌われていますよ。






お久しぶりです、ずどどんP!
相変わらずのずどどんサウンドが脳髄に効きます。
爆音推奨です。
脳味噌揺らされる快感です!




そして今回はUTAU雪歌ユフを用いた曲も同時発表。
どなたかが付けたタグの通りです。
嗚呼、『耳が幸せ』




それから何だか毎月ご紹介しているこのお二方。



マイゴッドPの妖しさとクールさががが。
また……またMMDのレベルが上がってま……。






AVTechNO!さんのルカを用いた英語曲。
もともと実験的な、あるいは挑戦的なものをエッセンスにする方。
動画に表示される歌詞が、歌詞が16進法! そしてそれが素晴らしい演出に。
posted by 楽遊 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID