2013年06月17日

更新メモ130616分

『拍手返信』、昨日更新いたしました。


こちらの更新を忘れていたので、遅ればせながら。

さて。
段々と暑くなっていくのではなく、何だか急に暑くなった気がします。じめじめで暑い、このコンボには参りますねー。毎年のことですが、体が気温と湿度に慣れるまではしんどい日が続きそうです。

先週は空梅雨? なんて言っていましたが、先週中は所々で雨が降り。近所の川の水量はえらい増えてました。これまで干上がっていた場所にも水が流れて、所々で渦も巻き。
とはいえ全国的な貯水量はまだ改善していない模様。
このままうまいこと水が溜まって欲しいものです。


ところで最近白い紫陽花をよく見るのですが、新品種なのですかね。それとも、昔からあるのが単に目につくようになった(それとも店舗流通が増えた)だけなのでしょうか。
調べてみたら、多分『アナベル』という品種。
北アメリカ原産のものらしいですね。
個人的には青い紫陽花(ホンアジサイかな?)が好きです。ガクアジサイだけでなくヤマアジサイの青も好き。雨上がりにこの青が、雨露に濡れたまま輝くのが特に。
でも、紫もいいですよね。雨の中で見るのは紫の方が好みかもしれません。特に紫のヤマアジサイ。
posted by 楽遊 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | サイト運営
この記事へのコメント
アナベルを見た事が無いので、ちょちょいと調べて見ると、なんとも清楚な花のようですね。
形はかなり違いますが、鈴蘭を連想しました。
花に限らず、日常的に食べる物も外来種が多いようです。
回転寿司のネタの魚の名前を調べると微妙な気持ちになったり。
ティラピア(タイの代用魚)の握り、なんてのも今や普通に並んでいるんでしょうが、いやはや…。
何だか食べ物の話になってしまってすみません(汗)。
Posted by 彩女好き at 2013年06月19日 19:05
アナベル、清楚な色をしていますよね。初めて見た時は素直に「綺麗だなあ」と思ったものです。ものによってはわりと大きな球を作るので、結構な存在感があるのですけれどね(笑)
色合いのコントラストからして、鈴蘭というのはなるほどと思いました。あの緑と白のバランスは目を引きますよね。形も可憐なものですから、鉢植えなんかが置かれていると「お」と振り向いてしまいます(^^)

代用魚は実際を知ると「えええ?」と思ったりもしますが、とはいえ流通量を考えると代用魚がなければ成り立たないだろうなぁと複雑に思いつつ。しかし『実は○○じゃなかった』と知ったときのがっかり感・騙された感は半端じゃないですし、色んな意味で安全面の問題もありますから、ちゃんとそれの名前を書いて欲しいものですよね(最近は色々表示名に関して厳しくなっているようですが、実体は「?」ですし;)。味を誤解して覚えるのも残念ですし、それに、いくら代用魚といっても美味しい魚は美味しいのですから。例えばシシャモと味が違うとしても、子持ちキャペリンは、僕、それはそれで好きです(笑) だからそれなら“それ”の名前をちゃんと認識して食べたい(真剣)

……おっと、このままだととりとめもなく書きまくってしまいそうです。
今回はこの辺で。
食べ物の話、楽しいですよね(^^)
Posted by 楽遊 at 2013年06月20日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69575839

この記事へのトラックバック